column
%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e6%b5%81%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

ジオプラス流環境デザイン

 
世の中には、様々な省エネ設備や環境に配慮した設備がありますが、
システム化したもの、パッケージ化されたものは、
それ相応に高価であります。

ジオプラスでは、それらの理論や仕組みを解剖して、
個々の実態に応じて、
既製品を組み合わせたり、
システムの一部を利用したりしながら、
成果を上げています。

特に大きなエネルギーを使う芦野温泉の大浴場では、
栃木の設備会社エルコアの社長津久井さんと試行錯誤しながら、
様々な取り組みを行いました。
廃熱改修システムによる源泉と給湯の一次加熱。
脱衣室の蓄熱床暖房。
地下ピットを利用した浴室内の給気のクールヒートトレンチ。

また、大浴場をはじめシングル館やレストランでは
ハイサイドライトや開口部を適所に配して自然通風を確保して
空調負荷の軽減を図っています。

こうした取り組みはデザインの初期から、設備の専門家と設計を行うからこそ、
意匠と一体となった無駄のない、また新しい発想の設備計画が実施できると考えています。
でも、ジオプラスは所詮意匠屋(デザイン)です。
なので、設備はその都度、その道に長けた方と協力して
あれこれと教えてもらながら、議論しながら考え出すのです。
ようは自然を利用する、知恵ですからね。

ですから、私たち自身も意匠屋と高をくくって、
設備から逃げる訳にはいきません。
もちろん細かい設計は出来なくても仕方ありませんが、
最新の設備設計の動向やその仕組み、
デザインとの関わりを勉強することが欠かせないのです。

スタッフのみんな、聞いてる?
 
 
© Geo+