Geo+ デザイン 実績写真集 実績一覧 設計研究 コラム お問合せ・アクセス

住いの計画 お店・事業の計画

News

お知らせ

TONERIKO

2007.12.11
[とつぜんの出動要請]
ある日、カビだらけのがらんどうのスペースを前に呆然としていた二人(サンちゃん・あやチャン)から連絡がありました。

[開業の準備は意外と大変]
若い二人が手持ちの資金で店舗を開業するため、友人に手伝ってもらいながら自分たちで工事するつもりが、いざ始めてみると何から手をつけてよいのか途方に暮れてしまったとのこと。
意気込みは判りますが、消防や保健所等との専門的な知識や経験を必要とする協議や各種申請などは素人にはちょっとハードルが高いです。また、工事会社に二人のイメージを伝えるためには図面も必要です。
でも最大の難関は、二人の思いを寸法と設備に翻訳しつつ、コスト睨むということ。二人の理想のお店をギリギリの開店予算で実現するためには事前の綿密な計画が大切です。

打合せ時のスケッチ
話しながらこんなスケッチを描いて、形にしていきます。


そして、三人で相談の末幾つかの方針を立てました。
  1. 専門的な工事以外は出来る限り自分たちで作りましょう!
  2. で素人でも施工できるデザイン・工法・材料を工夫しましょう。
  3. テーブルや椅子は中古屋さんで見つけましょう。
  4. 厨房器具は原則的に中古、冷蔵庫やガステーブルなど信頼性の大切なものは新品
  5. こういったややこしい工事につきあってもらえる施工会社を探す(かつリーズナブルなお値段で)

[セルフビルドに燃える二人]
しかし、いざ工事が始まると「窓枠やカウンターは貰ったものが家にあるんです。」と恐ろしいほどの準備の良さ。
限られたコストでの店づくりだからこそ、むしろこだわるところにはしっかりこだわって、カウンターや床材、玄関扉などには、時間が経つにつれて味わいの出る材料を選んでいます。また空間を決める大きな要素である天井と壁面のペンキ塗りは、カウンターや床材を活かす風合いのあるテクスチャーに仕上げるため、サンちゃん執念の3回塗り!
そして、セルフビルドはエスカレートし、防水工事にまで手をだす二人。イスやテーブルを拾ってきたり、遂にはお皿を焼くと言い出しました。ところが、数日後窯から帰ってくるとなんとトイレのタイルまでオリジナルで焼いてしまったとのこと、二人のセルフビルド魂には完全に脱帽です。
結局、一般的な新規店舗の厨房を含めた開業費の半分以下に抑えることができました。工夫次第では、限られた資金でも立派に開業することができるという、良い例となったお店です。

お店ができるまでの詳細はトネリコのホームページの店建記にまとめられています。

トネリコ
所在地:東京都国分寺市本町2-22-2 » 地図
連絡先:0426-39-1877
最寄駅:JR国分寺駅より徒歩3分
HP :トネリコ
施 工:幹建設(宮前博伸)
二人が醸し出す心地よい雰囲気が溢れています寄せ集められたいろいろな家具たち二人の思い(執念)のこもった必見のトイレこのあかりが目印です ポップアップ画像をクリックすると次の画像が表示されます。
(右側→次、左側→前)