Geo+ デザイン 実績写真集 実績一覧 設計研究 コラム お問合せ・アクセス

住いの計画 お店・事業の計画

News

お知らせ

AOIWASABI

2010.01.08

惹きつけ、人だかりをつくり、がっしりと伝える。



ジュエリーブランド“葵山葵”(アオイワサビ)の展示ブースです。
東京国際展示場で開催された2009国際宝飾展で、新たに産声を上げたばかりのブランドのコンセプトとブランドイメージをしっかりと発信するために、いろいろな建築手法を使って構成しています。

  • 日本をテーマに据えたブランドイメージを表現する
  • 本物の材料を使い、本質的な取組姿勢しせいを伝える
  • 懐かしさ・モダン・伝統・技術を暗示する外観
  • ブランドの骨である手作りの風合いを残す
  • 存在感のある寸法・構法を用いる
  • 流れる来館者の足を止める引きのある配置
  • 人を吸い寄せる下屋のある店先
  • ベンチでじっくりと話しの出来る関係をつくる
  • 遠方からも目を引く屋根の意匠
  • ジュエリーや什器を引き立たせつつインパクトのある墨色の採用
  • 印象的でジュエリーを引き立たせる墨色
  • ジュエリーを輝かせ心に残る照明

極めて短期間でのデザイン及び施工が要求されたので、ジュエリーを拝見しコンセプトを伺って、エイヤッでデザインをまとめましたが、日頃試行錯誤していた手法がうまくかみ合ったようです。
連日大賑わいで人だかりが出来ていて、新規出展としては、過去一二を争う集客だったようで、大盛況に大変喜んでいただけました。それにしてもわずか4日間とは、デザイナー泣かせですね。
ジオプラスに大きな倉庫があれば、とっておくのになぁ。


葵山葵2009国際宝飾展
 開催場所:国際展示場
 用 途:展示ブース(ジュエリー)
 床面積:16.2m2(ブース2コマ)
 構 造:木造(準不燃)
 期 間:設計/2008.11-12(1.5ヶ月)、展示/2009.01.21-24(4日)
 コスト:約200万円
 協 力:構造/山田憲明、設備/鈴木智仁、作図/相馬均
 塗 装:松浦向馬、吉川早苗、菊池優希
 建 設:幹建設/宮前博伸
 什 器:関根桐材店/関根紀明
 ロ ゴ:金子由紀江
 のれん:エニシング
 サイン:むつみや/山本寿彦
<製作>
工場で仮組して確認。見え方チェック。こんな感じかぁ。ジオプラスで塗装塗装室長に任命された早苗ちゃん。腕と粘り暖簾もデザイン。いよいよ搬入えっちら、おっちら、運べる大きさにデザインしておくのも重要です。搬入し終わって、ちょっと目を離したら。あっという間に出来ててびっくり。よし!気合いが入った様子の康博さん。もう商談?オープニングに向けて、作戦会議最後の詰めをじっくりと。
<解体>
急いで解体スタートこれは取っとこう。さっそく登ってます。端から二人掛かりであっという間に。切ない。ああっ、もう。ひょいって。すたすた。こいつも大切に。ああ、夢の後・・・。山田屋の皆さんの勇士
準備万端です。茶屋みたいと工事中からじろじろ見られる後ろも手は抜きませんよ。宮前さん塗装ありがとう。サイドでもロゴをアピール 什器もばっちり側面は視線の抜けでちょっとお遊び江上さんチェック!屋根のある形は狙い通り目を惹きます。初日から大賑わい。よかったー。見てます。寄っていって。ちょっと込み過ぎじゃないか?敬子さん、がんばってー。
ベンチとテーブルも自家製、実はシナ合板なんですけどね。指輪もセッティング完了消防法を切り抜ける格子屋根が面白い効果をうみました。シーサーならぬ、指輪ケース。魂のこもった陶器製。のれんも包装で使う風呂敷でつくりました。パンフレットも凝ってます。格子から洩れる光がキレイ。秀逸なロゴ、さすが金子さん!
ポップアップ画像をクリックすると次の画像が表示されます。(右側→次、左側→前)