Geo+ デザイン 実績写真集 実績一覧 設計研究 コラム お問合せ・アクセス

住いの計画 お店・事業の計画

News

お知らせ

SHUSHI YAGURA

2010.02.20

期待感を増幅し、会話を引き延ばす格子路地。



所沢のお寿司屋さん“寿司櫓”(すしやぐら)です。
その腕と人柄に多くのファンが集う若き寿司職人「トシさん」こと細川さんが店長を務める江戸前寿司店がオープンしました。 “江戸前”という言葉に込められた、こだわりの意味と深さに応えるために、あえて店内に路地空間を設けるという逆転のプランニングとしました。

  • 会話が弾みゆったりできるカウンター席の関係をつくる
  • 隅々まで目の届くような空間の配置とする
  • 大通りに面するため、気持ちの切り替える仕掛けとなる路地をつくる
  • 逆転プランにより、窓を全面活かした明るい店内を創り出す
  • 表通り側の焼き物調理場から排気することで食欲を誘う
  • 玄関から、路地正面の光障子まで光を点在させお客さんを惹き込む
  • 光を通す格子や照明で、入ってみたいと思う奥性をつくる
  • 格子により視線をコントロールして、声かけしやすい関係をつくる
  • 本物の木を使って、品質や心意気を伝える
  • 高級感を出しつつ、材料を選ばない黒塗装で、コストをカウンターに集中する

藤田さん率いるすばらしい技術と心意気の会津の職人チームとすばらしい采配で現場を仕切っていただいたハウスコートの穴沢さん、ジオプラスの新入り相馬均が息のあったチームワークを見せて、なんとかご要望のコストの中で、無垢ヒノキのカウンターをはじめとして、こだわりの数々を実現することができました。
割烹着を身にまとった細川さんが来店されたお客さんや店内の様子が手に取るように分かる要の位置に腰を据え、迎え/送り出すお客さんと自然と笑顔や挨拶を交わすことのできる、高級感がありながらも明るく温かい、親しみのあるお店になりました。



寿司櫓
 所 在:所沢市東住吉13-14 K桐里1F
 営 業:昼 AM11:30-PM14:00
     夜 PM17:00-PM23:00
 定休日:毎週日曜日(予約時のみ営業)
 座席数:24席(カウンター8席/テーブル2名×3席/座敷10名1室)
 電 話:04-2946-7977

 床面積:72.87m2(22.04坪)
 期 間:設計/2009.09-10(1.0ヶ月)、工事/2009.10-11(1.0ヶ月)
 コスト:約1000万円
 担 当:相馬均
 施 工:ハウスコート/穴沢一浩
 ロ ゴ:金子由紀江
 看 板:むつみや/山本寿彦
 のれん:エニシング
<完成まで>
建物の外観この現代的な玄関をどう料理する?中はどんなカナ?ジオプラスの事務所に向いてんじゃ・・・。うーん、事務所仕様ですね。さてと、どうしましょう?いよいよ工事開始奥からつくるあっという間に、図面が追いつかない。路地どうなるしら?邪魔にならないように、外で打合せ。看板を探しにきました。あっ、セールだ。 模型で検討L型のカウンターです(模型)路地とカウンターの関係(模型)カウンター周りはこうなる(模型)個室はこんな感じ(模型)
<プレオープン>
いよいよです個室も準備万端最高の瞬間その笑顔を頂くためにがんばりました。これからが本番ですね。穴沢さんと相馬君と模型担当アブちゃん、みなさん本当にお疲れさま。
シンプルながら職人の舞台となるカウンターL型の関係がお客さん同士の会話を生みます無垢ヒノキの一本カウンター障子越しに光が射込みます 温かい光がお客さんを誘導路地から店内の様子をみる店内から見える路地空間ワンポイント
存在感のある黒い壁がお客さんを迎えます。黒壁に映える家紋とロゴは金子さん路地はけっこう本格的家紋をあしらった光障子が人々を誘います路地の見返し お気づきかもしれませんが、奥がトイレですシンプルな手洗男子トイレは青女子トイレは紫
ポップアップ画像をクリックすると次の画像が表示されます。(右側→次、左側→前)