Geo+ デザイン 実績写真集 実績一覧 設計研究 コラム お問合せ・アクセス

住いの計画 お店・事業の計画
Ayumi《ジオプラスのこれまで》  

 ないので自分でつくることにしました

   お客さんと一緒にどろんこなる設計者?
理想の働き方    
もっと知りたい方はブログへ

設立のきっかけ
誰もやらないなら、自分がやろう
設計事務所での修行生活も5年を迎えたころ、「建築家は作品づくりに精を出し、世間は経済優先で量産を続けていていいのか?」「非効率的でも、庶民の生活に真摯に向合いながら空間をつくることが必要なのでは?」と思いはじめたのですが、社会のシステムにがっちりと組み込まれた設計者の一員のままでは、なにも発信できないことを実感し、ならば自分が独りで理論も方法も組織もゼロから作ろう!と、2005年に「Geo+」を立ち上げる決意をしました。

予定外だけど思い切って飛び出してみよう
そう決断するといてもたってもいられず、夏の終わりに担当物件の節目を契機に、全くなんの当ても無いまま会社を飛び出しました。しかも建築士免許も一次試験をパスしただけという無計画ぶり。なんとか無事に12月の合格発表を受け、東京:国分寺で事務所を開設できたのは翌年の3月でした。

決意を新たに
開設まもなく、知人の紹介である方のお住まいに伺いしました。立地/広さ/設備/眺望など申し分のないご自宅で社会的にも成功した方とお聞きしていたのですが、なぜかご本人から覇気や気力が感じられません。一体なぜなのか?

その時から我々をとりまく生活空間を丁寧に見直してみると、人が生きていく上で本来大切にすべき人の心の動きや自然との関わりを軽視して、立地や眺望といった流通のための一元的な価値観や、本質を離れた奇抜さや単なる自己主張、経済一辺倒の拝金主義的な空間が氾濫してることに気づかされました。そして、私自身もその片棒をかついでいたことも。

近年生じている家庭や近隣のトラブル、孤独死などの多くの社会問題は、こうした価値観で形作られた現代の生活空間に大きな一因がある気がしてなりません。

それを打開するためには、建築士のエゴ、クライアントのエゴ、社会のエゴに向合って、生活の基本に的を絞り、歴史と時代に耐えうる価値観を再構成して、ひとつひとつの空間を丁寧につくりあげる以外に方法はないと考えています。

sketch_07.jpg
生活を原点にした設計方法を模索
その窓は本当に必要なのか?掃除できるのか?空けやすいか?大きさは適切か?

これらの問に答えるためには、

 ・その人とその場の真の目的を問う本質的思考
 ・生活動線や環境、使い勝手の徹底分析
 ・一人ひとりの身体に合わせた寸法体系の採用
 ・楽しさや安らぎを生み出すための心理学的アプローチ

といった、細やかで多岐にわたる検討を重ねなければなりません。

こうした設計方法は、とうぜん時間と手間ひまが必要となり、私たちの日常生活のベースとなる多くの建物、一般住宅や個人店舗や大衆施設が求める時間的・経済的要求には応えることができません。

したがって、現実的なスピード・コストに応えるために、ハウスメーカーや一般工務店の多くが、標準化した設計方法を採用しています。また、一部の建築家が数少ない恵まれたプロジェクトで最大限の成果を引出すべく実験的設計に挑んでいます。

ジオプラスも当初はそうした設計手法にならい成果を上げようと活動してきましたが、完成した建物の中には、お施主様共々、「いいけど、しっくりこない。」と感じるものがありました。そうした経験から自身の設計を見直してみると、デザイン本来の姿である、生活を考え、使い勝手を洗練させ、「みなさんの日常の“生活”そのものを原点に考える」というデザインの本来のあり方からズレが生じていると気づきました。

以来、私たちは、生活に密着し生活からデザインするという本来の設計に基づきながら、実質的に許される設計期間と設計費用で実現できないかと、試行錯誤を続けてきました。

まずは広告として必要な雑誌掲載や展覧会などの設計外活動から距離をおいて、設計方法を徹底的に見直して、形式的で無駄な資料や図面を削減するなど、無駄のない実質的な設計方法を追求しています。

そのために、営業はホームページも活用していますが、基本的には口コミが頼りです。一つひとつのプロジェクトでお施主さんが満足していただくために、作ったらおしまいではなくて、実際の使い勝手などの確認をしっかり行いたいと思います。

また、事務所も一等地に気取ったオフィスを構えるのではなく、背伸びしなくていい立地で、街の人が気軽に入りやすく、私たちの活動が目に見えるような場所に、あくまで質素にかつ創造性をのびのびと発揮できるような空間として維持します。

「今よりも少しでも生きることを楽しみたい!いまある不安を解消し少しでも安らぎを得たい。」という心を大切にして、意識の高いクライアントと濃密なキャッチボールを繰り返しつつ、真に生活に必要なものは何かを問い続けていきたいと考えています。
» 活動理念

設立後の歩み
出発:国分寺自宅《2006.03〜2007.7》
まずは国分寺の自宅のひと部屋でスタートしました。
約4.5帖の中に、プロジェクトの資料と大量のカタログ、PC2台にA3プリンターとA1大型プロッター、そしてA1製図板。なぜ全部が入りきっていたのか今でも不思議です。窓から見える富士山が唯一の救い?
眺め最高
試期:市ケ谷雑居《2007.08〜2008.12》
さすがに耐えきれず、千代田区三番町のシェアオフィスに拠点を移しました。
作業スペースが広くなっただけでなく、[co-lab]という建築設計、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、作家などが集まりコラボレーションを目的としたシェアオフィスで多くの出会いに恵まれました。» co-lab HP
最小限設計コクピット
初期:国立東事務所《2009.1〜2011.7》
やるべきことを明確に見つめるため、じっくりと取り組める環境を求めて国立へ。
桜並木の見事な大学通り近くの静かな場所で、スタッフとのコミュニケーションも密度が上がり作業しやすくなりました。Geo+が今後のチャレンジのための力を蓄える濃密な空間でした。
じっくり考えるための空間
2期:国立中事務所《2011.7〜2013.10》
お客さんとの新たな関係を構築するため、意を決して商店街の路面店へ。
道行く人々とのオープンなふれあいから、生活者に近いデザインと設計者のあり方を模索します。Geo+の提案を次々と発信していくための新たな拠点です。
じっくり考えるための空間
現在:国立中事務所《2013.11〜》
場所は変りませんが、事務所の体制をより確かなものにするために法人化しました。
事務所登録も切り替わり、新たな体制で所長もスタッフも精進します。
じっくり考えるための空間