Geo+ デザイン 実績写真集 実績一覧 設計研究 コラム お問合せ・アクセス

住いの計画 お店・事業の計画

resolution-old

resolution《ジオプラスの志》旧データ保存
Resolution《ジオプラスの志》
ジオプラスの出発点

「設計屋、始めました。」


 設計事務所での修行生活も5年を迎えた2005年の春、ある違和感を感じていました。

「どうも今の建築は世間と距離があるんじゃないか?」

 建築だけでなく世の中の価値観が大きくスライドをしていました。しかし、最高速度で走り続けるF1のような建築の生産現場最前線にいる限り、その?マークに真正面から取組むことは出来ません。そこで、一度既存の建築生産システムから抜け出して、独りで考え理論も方法もゼロから作り上げることにしました。

「建築家の姿勢は教わることは出来ても、もの創り出す行為は独りで極めていくしかないなぁ。」
ちょっと予定外に早いけど事務所を開設しよう。
 そう結論すると夏の終わりに担当物件の節目を契機に、全く仕事の当ても無いまま会社を飛び出しました。しかも建築士免許も一次試験をパスしただけの状態で、無事合格通知を手にしたのは、その年の12月という無計画ぶり。準備を整え東京:国分寺で事務所を開設できたのは翌年の3月でした。

なんでGeo+(ジオプラス)?
 Geoはラテン語で大地を意味しています。学生時代から変わらずテーマとしてきた人が自然との関わりを発見する建築を目指し、大地にプラスとなる活動を行なうという意思を込めています。

earth
求めているのは安住の地?
ジオプラスの気づき

「生活と空間のズレを埋めながら、花を植えるような設計活動。」


花を植えるように。
 開設後、改めて私たちの基盤である生活空間に目を向けてみると、驚きや新奇性を求める建築的な実験や被承認欲満載の自己主張、拝金主義ともいえる経済至上主義などで荒れ果てていることに気がつきます。正直、大学から連続した建築設計の世界にいると、このことに気づきませんでした。むしろ建築界全体で目を逸らしているかのようです。私もその中で甘んじていました。これは大いに反省すべき点です。

もっと静かな設計活動、そう戦場に花を植えるような設計活動をしようと決めました。

安住の地どころじゃないよ
 そんな時、知人の紹介である方のお住まいに伺いしました。立地/広さ/設備/眺望など申し分のないご自宅にもかかわらず、なぜかご本人から覇気や気力が感じられず元気がありません。社会的にも成功した方とお聞きしていたのですが、これは一体?

よくみりゃ荒れ果てて形骸化した生活空間
 立地や眺望などは近代化にとっては重要なキーワードであったのかもしれません。しかし、成長という一元的な価値観の元で物質的な充足に重点をおき、人が生きていく上で最も大切にすべき「人としての尊厳・周囲との関係・自然との調和」といった価値観は隅に追いやられていました。近年生じている家庭や近隣のトラブル、孤独死などの多くの社会問題は、そうした一元的な価値観で形作られた現代の生活空間にも一因があるのではないでしょうか。

根本的な治療をはじめよう
 多くの建築家の挑戦も未だにこの価値観に囚われていて、理論的・実験的なものを除いては、表面的な操作で見せかけの変化を作っているにすぎません。私の感じた違和感はここにありました。社会と個人の関係、自然との調和など、現代の空間はあるべき姿に対して大きくずれています。

今まさに既成概念や慣習、近代的価値観を徹底的に見直して、ひとの感性や社会、自然との関係に素直な空間を考えることが必要です。

sketch_07.jpg
特効薬はないけど、治療薬はあります
 といっても何か特別な手法や目新しいやり方を開発した訳ではありません。余計なものを取り除き、生活の基本である人と人、人と社会、人と自然の関係を今後の進むべき価値観に照らし合わせ整理し再構築する意外に方法はありません。

なによりもまず楽しく、より安心できるように。
 ただし、当面の問題の解決にはなったとしても、数年後には同じ状況に陥ってしまうような堅苦しい計画では意味がありません。「今よりも少しでも生きることを楽しめること・いまある不安を解消し少しでも安らぎを得られること。」というのが本来のものづくりの目的です。Geo+は常にユーモアを携えたものづくりをモットーとしています。


ジオプラスのこころざし
最終目標:全ての人に「安住の地」を!
 世界中の全ての人というのは大げさですが、(半ば本気!)多くの人々がひとりひとりに「しっくりくる」究極の空間、「安住の地」と自身を持っていえる空間を手にして欲しいと願っています。
目指している空間:3つの基本的価値観
 人が生きていく上での3つの基本的な”つながり”を発見・構築する空間だと考えています。

 ・人とヒト:独りでは生きられません。
       尊厳を保ちつつ、どう触れ合うの?
 ・人と社会:どんなものでも社会性を持っています。
       計画を受入れる地域に貢献できるか?
 ・人と自然:自然との関わりなしでは生きられません。
       恵みであり脅威であるものとの境界は?

お施主さんと一緒に:私も答えを探しています。
 答えは計画ごとに異なるもので、明確な答えがある訳ではありません。ブランド手法(流行やセンス)やカタログ手法(メニューの選択)に頼らず、その都度意識の高いお施主さんと一緒に原点[ゼロ]から考えることで既成概念や常識、慣習にとらわれない「しっくりくる」空間を創り出します。» 詳しく

先回りして世界の可能性を切り開く
 ただ、常に一歩先の提案が出来るように独自の課題を設けて研究を続けています。実体験を通して気づいた問題やイメージを飛躍させた大胆な発想をもとに、最新の技術や理論を分野を問わず積極的に学び、空間の改良ではなく進化を目指して全力を注いでいます。
sketch_01.jpg

sketch_06.jpg