設計料算定基準
 設計監理業務報酬の算定基準
算定方法
ジオプラスではプロジェクトの内容によりデザイン・設計監理にかかる人員と作業日数を想定し、直接人件費と直接経費、間接経費、技術料を算出し、特別経費を積み上げて算出しています。プロジェクトの内容が大きく変更された場合は、その時点で再度見積内容を検討し算定し直します。また、プロジェクトが業務途中で中止された場合は、それまでに行なった作業実施分を算出しご請求いたします。もちろん、提案の簡略化や模型の省略などによりご予算に合わせた調整もできますのでご相談ください。
  設計監理料(デザインを含む)
業務従事者作業単価 × 作業人数 × 作業日数分 にプロジェクトの難易度を勘案して算定
  直接経費
プロジェクトの進行に必要と想定される模型や完成予想図の制作費、図面製本代等
  間接経費
事務所運営費、維持管理事務費、設備維持費等をプロジェクトに要求されるスピードを勘案して算定
  技術料
プロジェクトにおけるジオプラスが提案する独自のアイデア・デザイン料
見積書の内容
見積書の構成は表紙・業務報酬内訳書・作業リスト(必要な場合のみ)でご提出します。
 ※資料の様式は変更する場合があります。

見積事例:2階建て30坪住宅
設計業務報酬算定 見積事例 2階建て30坪住宅

見積事例:4階建て75坪店舗ビル
設計業務報酬算定 見積事例 4階建て75坪店舗ビル

見積事例:25坪店舗内装
設計業務報酬算定 見積事例 25坪店舗内装

© Geo+